メイン | 古本買取店の特徴 »

古本の買取とは

処分しようと思ってもなかなかできないのが本です。一度読み終え、また読むだろうと本棚にしまいこんだのはいいものの、二度と日の目を見ない書籍類が本棚から溢れ出てしまい、部屋を埋め尽くしてしまうという話をよく聞きます。いざ段ボールに入れてどこかで処分しようと思っても、本は非常に重いので体力も必要だし、気も重くなるというものです。

読んでしまった本をお金に換えるにはネットオークションに出品するという方法がありますが、一冊一冊写真を撮り、コメントを書いてアップするのは非常に時間がかかり、面倒くさいものです。また神保町に沢山あるような古本屋さんに持って行って買い取ってもらうという方法もありますが、近くにない場合やあったとしても思ったような金額にならず持ち帰らなければならない時のことを考えると途方にくれます。

最近の古本の買取システムでは、ショップの人が取りに来てくれたり、宅配業者が集荷に来てくれるようになっており、便利な世の中になりました。ホームページなどのフォームから買取の依頼をすると、指定した日時に業者が引き取りに来てくれるのです。車が無くても、店舗が近くになくても、もう古本の買取に頭を悩ませる必要がなくなったというわけです。特に大量の本を抱えている人や引っ越しをする人にはお薦めです。ショップによって得意な分野というものがあり、古本の買取価格や査定方法にも差があるようです。少しでも高く売るためにはネットで口コミ情報などを事前調査してみるのが良いでしょう。

About

2010年11月23日 08:54に投稿されたエントリーのページです。

次の投稿は「古本買取店の特徴」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.35