« 古本の買取とは | メイン | 古本を買取に出す際の注意点 »

古本買取店の特徴

本は意外と保管場所にスペースを取ってしまい、本好きの方は本棚がいっぱいになってしまって次はどこに保管しようかと悩みがちです。しかも、昔に購入したものなどはもう二度と手に取らない可能性もあります。そんな眠っている本は、古本買取店で買い取ってもらうとよいでしょう。

古本の買取店は全国にたくさんあります。店頭に売りたい本を持っていくと、その場でどのくらいの金額になるのか査定してくれます。その値段で売りたくないと思えば、そのまま持って帰ることももちろんできます。できるだけ高く買い取ってもらえるのは、比較的新しい本というのは言うまでもありませんが、保存状態がよく、黄ばみなどもなく、カバーがちゃんと残っていて、書き込みや折り込のないものです。また、少し古くなった本であっても、希少価値の高いものや、珍しいものは高く引き取ってもらえることもあります。


本ならなんでもいいのかというと、買取店によっては引き取ってもらえないジャンルの本もあるようです。よく挙げられるのは、ISBNが付いていないものや、百科事典、コンビニで購入した漫画、雑誌、海外で購入した本です。こういった本がたくさんある場合は古本の買取店に持ち込んでから無理だと言われるのも手間ですので、事前にお店に電話などして確認するほうがよいでしょう。また、最近は店頭に持ち込むのではなく、ある程度の冊数があれば無料で集荷に来てくれたり、アマゾンのようにインターネットで古本を売ることもできるようになってきています。

About

2010年11月23日 09:02に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「古本の買取とは」です。

次の投稿は「古本を買取に出す際の注意点」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.35